お芝居見てきました〜。
6月に出演させていただいた団体の公演です。

■劇団Hi-TOUCH 第3回本公演
■ゲラップ・ベイベー2014
■作・演出 高梨由
「いくつもの過去から繋がる今があって、明日がある。緑山公園に集まったあいつらと、ホームレスたちの唄は、誰に届く」(フライヤーより)

以前共演したことがある人たちが4名も出ていました。
みんなそれぞれ、個性的な役をやってました〜。

オムニバスと見せかけて、すべてがつながっている作品でした。
途中で、「あれ?これはもしかしてこうなのかな?」と思っていたところは、どうやら初演時は私が思っていた展開だったようです。
今回の公演ではリライトされていたようです。

何度も上演されてる作品って、水戸黄門みたいな、こうなってほしいっていう見る側の欲求がかなえられる話が多いですよね。
このお話もそうだと思います。
最初は心配な感じなんですけど、最後はハッピーエンド!
私、ハッピーエンドじゃない話って、苦手なんですよ。

共演者たちが頑張る姿はすごく刺激をもらいますね〜。

私も頑張りますよ!!!